資金繰りQ&A

財務改善

+
まずは支出を明確にしましょう。その後の策もあります。資金繰り表は作成していますか?資金がいつどれだけ不足するのかを把握しましょう。そして不足部分について借入を行う。借入が行えない場合は、銀行返済金額の減額(リスケ)を行う。リスケ期間中に、売上向上策の実行や、不採算事業の撤退、経費削減の徹底などを行い、資金を確保する。そのような流れになります。

事業再生

+
赤字ですと現状、再生は難しいかと思われます。 しかし、原価率、販管費の見直しにより、赤字の原因やその解決が図れるかが事業再生できるかどうかのポイントとなってきます。まずは、資金繰り状況を正確に把握し、問題点を見極めるのがポイントかと思います。
+
自社だけでスポンサーを見つけるのは時間も労力もかかりますので、貴社の業界や現状を理解していただき、独自のネットワークを持っている専門家に最適なスポンサーを探しのお手伝いをしていただくことをオススメします。
+
社長自身どのように閉めたいかです。家族や従業員を守りたい! 株主や債権者に迷惑をかけたくない!今後どのように生活すればよいのか? 不安はたくさんありますが考えていても解決はしません。但し、様々な法律があり、解決策は必ずあります。最終的には社長の「決断」で決まります。
+
返済の条件変更(リスケ)は行いましたか?まずはリスケを行いましょう。リスケ交渉に不安があれば弊社にご相談ください。 また、その後どうやって売上を伸ばすのか、売掛を回収するのか、支払いを削減するのか、対策を練っていく方向となります。 ご自宅ですが、リースバックを活用したり、知人・親戚などに協力をお願いする方法など、守る方法はあります。詳しくは、専門家にご相談されることをオススメします。

資金調達

+
財務状況と資金繰りを正確に把握し、打てる手をできるだけ早く打つ必要があります。場合によっては、資金調達や銀行返済金額の減額(リスケ)の交渉を行うなど打開策は沢山あります。まずは現状を把握しましょう。
+
はい、手段はあります。中小企業を対象に融資を行っている、日本政策金融公庫や商工組合中央金庫があります。また、売掛金や不動産を担保にした融資や、リースバックなどの調達方法もあります。資金調達が可能かどうかは、財務状況などによりますので、詳細は専門家にお問合せください。
+
このような緊急の場合ですと、銀行などの金融機関ではさすがに間に合いません。売掛金などがあるのであれば、懇意にしている提携のファクタリング業者をご紹介いたします。弊社のご紹介ということで優先的にスピーディーに売掛金の資金化に成功するケースも多々あります。金額は100万から1500万円にまで及びます。ただし手数料が高いので、使うのはあまり頻繁でないほうが良いので、そのあたりも資金繰り表を一緒に作成しながら検討されることをオススメします。
+
先々、入金が確定的なものであれば、融資や債権担保融資などで凌ぐことは可能です。 しかし、入金が不確定や赤字の場合はかえって状況を悪化させてしまうことがありますのでご注意ください。
+
これは御社の財務状況によって違います。 融資をするかしないかの最終判断は金融機関がしますが、万一借りられない場合にも資金繰りが出来れば良いわけですから、他の方法もございます。むしろ借入金を増やさずに財務状況を改善できれば、借りられなかったことが次回の融資につながることも良くあります。
+
使用使途の説明や、提出書類の内容は十分でしたか?決算書や事業計画書の内容で、銀行側が見ているポイントが数箇所あります。そこをしっかり押さえた書類でなければ、断られてしまうことはあるでしょう。一度専門家に相談してみましょう。また、ノンバンクは金利が高いです。銀行借入の返済のために、ノンバンクから借りることはお勧めできません。まずは銀行返済金額の減額(リスケ)を行いましょう。

リスケ

+
原則として、リスケをすると当分の間は新規の借入は難しくなると考えておくと良いと思います。しかし、リスケ後に2~3年黒字決算が続き経営が回復して、返済も通常の状態に戻った後、新たに借入というケースもあります。
+
資金調達・リスケジュールにつきましては、相談料・着手金0円の完全成功報酬型で行っております。どうぞご安心してまずはご相談ください。また、財務コンサルティング月額も、貴社のご事情、財務状況に応じて今後のご相談をさせて頂きます。
+
はい、できます。弊社にも住宅ローンの支払いが厳しいというご相談は多々ございます。その際には、金融機関ごとに所定の申込用紙がありますので、そちらを用紙し、事前打ち合わせの上、一緒に銀行に出向いて交渉させていただきます。
注意する点としては、事業資金と違って元利金等返済なので、利息の金額以下の返済総額設定が難しいという事です。例えば毎月10万、内5万金利という返済を行っている場合。返済金額の設定を5万以下で交渉するのは無理ということです。ご相談の際は毎月の家計の収入支出がわかるものをお持ちいただければ、合理的に返済金額を算出いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
+
まずは金融機関から貴社がどのように見られているかを確認する必要があります。
貴社の状況と今後の計画をより精緻に伝え、返済計画の変更に応じて頂ける場合もありますが、貴社の財務内容を改善する必要があるかもしれません。
金融機関からどのように見られているかを確認したい、また、金融機関への提出資料の作成を手伝って欲しいなど、どのようなご相談にもご対応致します。