公的融資と民間融資とは?違いと特徴について【無料オンライン相談あり】

こんにちは、みんなの資金繰りです。

中小企業や個人事業主が資金調達を行おうとするとき、銀行をはじめとした民間融資だけではなく、公的融資も含めて広く検討することをお勧めします。

融資は、公的融資と民間融資に大きく分けて考える事ができます。

公的融資とはなんでしょうか

公的融資とは、政府や自治体などの公的機関が行う融資の事です。

融資を行う公的機関としては、日本政策金融公庫や商工中金があります。いずれも株式会社であり、日本政策金融公庫は100%政府の出資、商工中金は政府と民間の共同出資で運営されています。

民間融資よりも金利が低く、担保なし保証人なしで借り入れできるケースもあります。

公的金融機関は、融資を受けた企業が利益をあげ、雇用を拡大することによって公共の利益に貢献するという存在意義があります。

税金が使われるために審査が厳しいと言われることもあったり、逆に審査が緩いと言われたり、融資の受けやすさとしてはケースバイケースであると言えます。

例えば、災害復興や創業支援などの融資事業も政府の施策の元で行われているため、条件に合えば借りやすいケースは多いです。

ただし、必要書類が多いなど、審査を慎重に行っているために比較的時間がかかる傾向があるようです。

申し込みから融資実行まで1か月程度かかることも多く、計画的に手続きを行った方がよいでしょう。

民間の金融機関と連携した公的融資

他には、自治体と民間金融機関が連携して行う制度融資という仕組みもあり、一般的には制度融資と呼ばれます。

こちらも、創業支援や経営安定化支援を目的としています。

自治体が窓口となり、信用保証協会の保証を受けて、民間の金融機関から融資を受けることができます。

自治体が利子補給を行うなど、創業間もない企業や資金に余裕のない中小企業を支援し、地域社会の発展に貢献するという目的があります。

創業や設備の増強を行う企業に、政府がお金を融通することで、そのお金は貯蓄にまわることは決してなく、その企業の仕入れ先や、施工会社、町工場などに支払われることになります。その結果、貸し出した金額を超える経済効果が期待されます。

政府が積極的に事業者に対して融資を行うというのは、公共の福祉に貢献する活動であると言えます。

民間融資

民間の金融機関としては、銀行や信用金庫、ノンバンクなど、さまざまな金融機関があります。

公的融資との違いは、やはり金利になりますが、金融機関によって融資実行までの時間が短いなど、その時の資金繰り状況に応じて選択肢は広がります。

まとめ

会社の規模やライフステージによって、最適な借入先は変わってくると思います。時には同時に複数の金融機関に申し込んでおき、融資条件によって決めるのも一つの方法です。

みんなの資金繰りでは借り入れなどのご相談にも対応しております。迷われた方はサイト内の無料オンライン相談からお気軽にご相談ください。

▼無料オンライン相談

https://sgh-c.com/lp/

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事