法人化のメリットなど記事まとめ

個人事業主が法人になる事を「法人成り」と言います。事業が軌道に乗ってきて収益も増えると、法人化を考える個人事業主の方もいらっしゃるでしょう。
法人化すると特に税金面でのメリットが大きいとは言われます。ただし事業規模がそれほど大きくない場合はメリットが得られるかどうか慎重に判断した方がよいでしょう。たとえば、法人化した場合に、会社としての経理や事務作業のコストが追加でかかってくる事もあります。
今回は、これまでみんなの資金繰りでご紹介してきた法人化の記事をまとめます。

税金のメリットは?

法人と個人では税制が違います。法人での税金面のメリットがあり、損益の調整の余地がある事は法人の利点と言えそうです。

経営面で法人が便利な場合も

法人になれば、経営者個人と経営者が切り離されます。法律的に別人格になるので、リスクの切り離し、経営権の譲渡も容易になります。

会社設立の手続き、合同会社であれば低コストで設立できる

法人の方が資金調達で有利と言われる訳

法人では他人のお金を自己資金にできます。それは、借りるのではなく出資してもらう事。そうすることで、法人であれば資金にレバレッジをかけて、さらに大きな事業投資ができます。


みんなの資金繰りでは、財務コンサルタントによる資金繰りに関する相談に応じています。金融機関から創業融資を受けたいがどうすればよいかわからない。どの金融機関で借り入れをするのが最もよいか。など、お困りのことがございましたら、みんなの資金繰り事務局にお問い合わせください。メールでの対応以外にも、財務コンサルタントのご紹介も致します。

お問い合わせはこちらから

関連記事