信用保証協会の借換保証制度|複数の借入をまとめて負担を減らす

信用保証協会の保証付きの借入の場合、複数の借入をまとめて借り換えし、月々の返済額を圧縮することのできる借換保証制度が利用できます。コロナ禍で資金繰りに悩んでいるのであれば、お近くの保証協会の制度を確認するとよいでしょう。

今回は信用保証協会の借換保証制度についてご紹介します。

信用保証協会とは

別の記事で説明していますが、保証協会の保証を付ける事で銀行から借り入れをすることができます。

信用保証協会つき融資であれば、返済が滞ったとしても保証協会が弁済することになるので、銀行にとってはリスクの低い融資となります。

   

みんなの資金繰りでは、財務コンサルタントによる資金繰りに関する相談に応じています。借入金の返済が苦しい、銀行にリスケジュールの相談に行きたいが、どのようにすればよいかわからない。など、お困りのことがございましたら、みんなの資金繰り事務局にお問い合わせください。メールでの対応以外にも、財務コンサルタントのご紹介も致します。

お問い合わせはこちらから

信用保証協会の立場を考えると

融資先の返済が困難となった時には、一定の条件のもとで、銀行が代位弁済請求を信用保証協会に対し行います。

銀行には信用保証協会付き融資の借入残金が保証協会から入金され、全額回収となります。

銀行としては、信用保証協会の融資では回収についてはほとんどリスクを負わなくて済む仕組みです。

銀行から代位弁済請求が出てくると、信用保証協会は政府のお金を使って支払う事になります。信用保証協会としては、当然こういった事は避けたいと考えています。

中小企業の資金繰りが苦しい時に、当初の契約通りの返済計画を守ろうとして無理をして倒産というようなケースが増えると、信用保証協会としても困ることになるのです。

当初の銀行との契約にこだわりすぎて、無理な資金繰りを続けて危機的な状況になってほしくはなく、企業側にはリスケや返済猶予をしてもいいから返済を続けてほしいわけです。

信用保証協会の借換保証制度

信用保証協会の保証制度のなかには、複数の保証付き融資をまとめて、さらに新規融資を加えて元金返済の開始を1年据え置きという保証制度もあります。

中小企業庁のWebサイトでも具体的に紹介されている保証制度です。

>>中小企業庁:資金繰り円滑化借換保証制度

また、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた中小企業者に対する、緊急借換資金保証制度を実施している保証協会もあります。

>>緊急借換資金保証制度(千葉県信用保証協会)

返済が苦しい時には銀行もしくは専門家に相談する事

信用保証協会つきではないプロパー融資だとしても、返済猶予やリスケジュールの可能性はあります。

一度契約を取り交わしている返済計画なので返済猶予やリスケジュールの相談をすることに躊躇するかもしれませんが、銀行では、返済猶予などの条件変更には応じてくれるものです。

資金繰り表や、事業計画の準備は必要になりますが、銀行に相談してみましょう。

もし、銀行に支払いが苦しいとはなかなか言い出せない等のお悩みをおもちでしたら、みんなの資金繰り事務局でもご相談に応じています。

どうぞお気軽に問い合わせフォームよりお問い合わせください。

関連記事