メインバンクをどうやって選ぶか

みなさんは取引する銀行をどうやって選んでいるでしょうか。

事業所の近くに支店がある、知名度、手数料が安い、ネット取引ができる、取引先からの勧めなど、いろいろな観点があると思います。

メインバンクという銀行との契約があるわけではないので、取引の中で信頼できる銀行をメインバンクとして選んでいけばよいでしょう。三菱UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行などのメガバンクである必要はありません。設立まもない会社の場合は、メガバンクに相談してもまともに相手にしてもらえない可能性もあります。

逆に、地方銀行や信用金庫ですと比較的親身になって色々と相談に乗ってもらえる可能性が高いかもしれません。信用金庫や地方銀行の方が金利が高い場合もありますが、地域経済の発展を支えるという命題がある以上、厳しい状況でもそう簡単に見捨てないとも言われます。

金利が高くても、親身になって相談に乗ってもらえるための必要経費だと思えば、安いかもしれません。

メインバンクとしての条件

利用しやすい銀行で信頼できる銀行をメインバンクとすれば良いのですが、選ぶための条件として考えられる事はあるでしょうか。

給与振込の口座がある銀行や、売上入金用の口座がある銀行ではありません。

次のような条件で考えるとよいと思います。

  • 会社が存続の危機に陥ったときに支えてくれる銀行
  • プロパー融資で、最も多くお金を貸してくれる銀行
  • 個人保証や担保をつけないで貸してくれればなお良い

また、会社の規模による目安として、売上が5億程度あるのならば、都銀。売上が1億~2億ならば、地銀や信用金庫をメインバンクにするとよいでしょう。

メインバンクだけでなく、他の銀行とも付き合う

以前のこのブログ記事で、複数の銀行と取引をするべきという事を書きました。

メインバンクを決めたからと言って、その銀行だけから借入をするのではなく、やはり複数の銀行からバランスよく借りて、銀行との付き合いに幅を持っておくべきことには変わりません。

都銀、地銀、信用金庫、政府系金融機関から1行ずつのように、異なる種類の金融機関との取引先を持っておくと良いでしょう。

仲が良い1行だけと取引をしていると、業績が悪くなった時、取引銀行からの融資が受けられなくなったら、そのまま倒産につながります。

日ごろから他の銀行とも取引していれば、資金調達の可能性が広がり、倒産のリスクを減らす事ができるのです。

関連記事