業績が良くても融資を受けるべき?

銀行との付き合いを作っておくといい、特に必要が無くても銀行から融資を受けるといい。

起業して事業を立ち上げ、安定して事業が進みだした時に、経営者がよく言われるアドバイスです。

必要もないのに金利を払ってまで、借入をする必要があるのはどうしてでしょうか?

それは、銀行との付き合いを作っておくことで、先々資金が必要になった時に融資を受けやすくするためです。

借りた実績が返した実績になる

銀行と上手に付き合うコツは、複数の銀行から定期的に融資を受けておく事です。

しかも、会社の業績が良くても融資を受けるのです。

銀行の融資担当者としては、これまで付き合いのない会社と取引するのは怖いと言います。他の金融機関でも借入の実績のない会社となれば、余計に慎重になります。
たとえ、その会社の過去の決算書で黒字が続いていたとしても、これまで融資を受けた事のない会社に対して、最初に融資をするのは怖いのです。
業績が順調な時に、少額でもいいので融資を受けて、会社の決算書や事業内容を知っておいて貰う、という事が銀行との付き合い作るという事です。
そうすることで、事業拡大や資金繰りの為に借入が必要になった時に、融資をしてくれる銀行を慌てて探すという事もなくなるでしょう。

複数の銀行と融資の取引をしておくべきなのはなぜか

銀行から受ける評価が融資額や金利などの条件につながります。決算書の財務分析の指標を良くすることが、銀行の評価を良くする事には違いありません。

ただし、銀行の評価というのは、その銀行内での評価であって、どの銀行でも同じというわけではありません。同じ会社への評価であっても、A銀行とB銀行で、評価は同じとは限らないのです。

さらに、同じ規模の銀行では、評価基準が同じようになりがちです。一方、都市銀行と地方銀行、信用金庫というように銀行の種類が変わると、同じ会社相手でも評価が異なる事があります。

つまり、融資先への評価が厳しい金融機関とそうでない金融機関があるのが現実です。

そのような事から、一つの銀行とだけ融資の取引をするのではなく、規模や種類の違う複数の銀行(金融機関)と取引をしておくことで、評価が分散され、リスクヘッジになるという事がいえます。

銀行と取引がない事のリスク

創業から数年間自己資金だけで経営したものの、自己資金が底をついて相談に来られる経営者がいらっしゃいます。こういうケースはコンサルタントとしても、ちょっと困ってしまいます。過去数年間の決算が赤字だったりすると、銀行からの借入がさらに難しくなります。

過去の実績が赤字で、融資も受けたことがないとなると、そもそも返済猶予やリスケという話にもならない。今後の事業計画を作っても、赤字決算の実績だと信用もされない。

こうなってしまうと創業融資よりも厳しい状況とも言えます。

借りれるときに借りておく

困った時に借りる事ができるように、融資は受けられる時に受けて実績を作っておきましょう。

実績とは返した実績です。そのためには借りる実績が必要です。

それが「業績がよい時に銀行との付き合いを作っておこう」というアドバイスの意味なのです。

みんなの資金繰りでは、財務コンサルタントによる資金繰りに関する相談に応じています。借入金の返済が苦しい、銀行にリスケジュールの相談に行きたいが、どのようにすればよいかわからない。など、お困りのことがございましたら、みんなの資金繰り事務局にお問い合わせください。メールでの対応以外にも、財務コンサルタントのご紹介も致します。

お問い合わせはこちらから

関連記事