担保があれば貸してくれるのか?|不動産担保

お金を借りるときに必要と思われる担保。

保証人も担保の一つです。債務者が返済できなくなった時に、保証人に返済の請求が行われるものです。

他にも、連帯債務というのもありますが、もっとも身近な担保として不動産担保について考えてみたいと思います。

銀行は、担保がなくてもその会社や個人の信用を元に融資に応じてくれます。

そうであればなおさら、不動産を担保にすれば容易に貸してくれそうに思えます。

ですが、不動産を担保にすれば銀行の融資を受けやすいかと言えば、必ずしもそうとは限らないようです。

銀行とノンバンクでは担保に対する考え方が違う

債務者が返済不能になった場合に、不動産を売却して回収すればよいわけですが、銀行が不動産の担保があるからと言って、それだけで融資に応じてくれるわけではないのには理由があります。

それは銀行には不動産を売却する仕組みやノウハウが基本的にないためです。不動産担保を競売で売却するとしても、市場価格で売却できるとは限りません。銀行としては、担保を使って返済に充てるのは最後の手段になるという事なのです。

一方、不動産担保融資に精通した貸金業者(ノンバンク)があります。そのような貸金業者は、逆に不動産担保での融資を専門に行っています。

担保物件を任意売却させる前提で融資を行っているので、担保があれば積極的に融資を行います。物件が競売にかかる状況になっても、自分たちで買い戻し、市場価格で転売する方法も取れるはずです。

こういうことが、銀行と不動産担保ローンの貸金業者との大きな違いです。

不動産担保とは?

抵当権

債務者の所有する不動産を、返済ができなくなった時に銀行(債権者)が売却するという約束が抵当権です。抵当権は、その借入の契約のためだけの担保とすることであり、借入の金額が限度になります。

抵当権は、不動産の登記簿に登記され、返済が完了したら所有者が自ら抹消の手続を行う必要があります。住宅ローンで使われるので、一般的に知られていると思います。

根抵当権

根抵当権は設定した限度額内で何度も借入する事ができるところが、抵当権と異なります。

将来的に、その不動産を担保として事業融資を受けるかもしれない場合にも、すぐに担保とすることができるという事です。

抵当権の登記手続には、手間と費用が掛かります。

借入ごとに、抵当権を登記していたら、司法書士に払う費用も含めて毎回費用が10数万円かかりますが、根抵当権であれば、1回の根抵当権の登記手続きで済みます。何度も担保として、借入をすることが予想されるのであれば、手続きの費用が少ないことがメリットと言えます。

根抵当権は抹消できないという話を聞いたことがあるかもしれませんが、当事者間の合意があれば抹消することはできます。

みんなの資金繰りでは、財務コンサルタントによる資金繰りに関する相談に応じています。借入金の返済が苦しい、銀行にリスケジュールの相談に行きたいが、どのようにすればよいかわからない。など、お困りのことがございましたら、みんなの資金繰り事務局にお問い合わせください。メールでの対応以外にも、財務コンサルタントのご紹介も致します。

お問い合わせはこちらから

関連記事