リスケジュールとは?返済の負担を軽減するためには

資金繰りが苦しく、事業の見通しも思わしくない場合、返済の負担を減らすため、リスケジュールを検討しなければなりません。

返済の負担を減らすためのリスケジュールとはどういうものでしょうか。

リスケジュールとは

リスケジュールとは、借入時に取り決めた返済の条件を変更することです。

金利を引き下げる、返済期限を延ばして1回あたりの返済額を減らす、一定期間にわたって返済を猶予するなどの対応を借入先に求める事になります。

返済額を減らす事でキャッシュフローを改善し、短期的ではありますが経営破綻の可能性を下げることができます。

銀行としても融資先の銀行が破綻して貸倒になってしまうよりは、その企業の資金繰りが安定し、財務が改善する方がメリットがあります。

また、債務整理と違い、債権の一部放棄を求められるわけではないので、金融機関の協力も比較的得やすいものです。

銀行から見たリスケジュールの現実

リスケジュールについては、金融機関も比較的協力的だとは言え、予定された返済が一定期間行われなくなること以外にも負担が生じることになります。

銀行と交渉する際にも、銀行が受ける負担はどういうものかを理解してくことは有用だと言えます。

では、銀行にとってどのような不都合があるのでしょうか。

銀行は、貸付先企業に対して信用格付けを行っており、企業の事業の状況や財務状況に応じて、融資の限度額や金利を設定しています。

そして、融資が行われると、格付けのランクに応じた貸倒引当金を計上しています。

貸付先企業がリスケジュールを行うと、格付けのランクを下げる事になり、銀行としては当初の貸倒引当金を引き上げて計上する必要があるのです。

貸倒引当金が計上されると、その分は損金に繰り入れることができないので、税負担が増える事になります。

融資担当者も、リスケジュールをすると、追加の事務処理負担だけではなく、銀行の内部的な負担も考えながら対応していくことになります。

社長一人で抱え込まず、専門家に早めの相談を

リスケジュールが終わるまで、新規の融資を受けることができません。

さらに資金繰りが苦しくなっても借入で資金調達する事も出来なくなりますので、その後の事業計画と経営改善計画は慎重に作る必要があります。

経営改善計画を作り、資金繰りを改善する営業努力が必要になります。

銀行側の負担も理解しつつ、現実的なリスケジュールの計画を作るのは簡単ではないでしょう。リスケジュールの申し込みは、融資の申し込み以上に神経を使う仕事になる事は想像できます。

多角的に最適な方法を検討するために、資金調達のプロである財務コンサルタントの協力を得る事も必要になってくると思います。

また、リスケジュールにも銀行の審査期間が必要です。

融資の申し込みの時よりも審査に時間がかかり、3ヵ月程度かかることもあります。

資金繰りに不安があれば、手元資金がまだ余裕があるうちに、財務の専門家に相談することをお勧めします。

~みんなの資金繰り会員限定参考記事~

【ダウンロードファイル】返済条件変更のお願い

関連記事