リスケジュールは滞納があると致命的|滞納する前に対応を

新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減っている方もいらっしゃると思います。

このような中、借入金の返済が苦しくなって来ていたら、早めに金融機関に相談する必要があります。

事業の借入でも、個人の住宅ローンでも同じです。

これまでの計画通りの収入が減り、返済も計画通りにいかなくなったら、借入先に連絡しましょう。

滞納をしてからでは、月々の返済を猶予するための交渉ができなくなってしまうのです。

リスケジュールとは

リスケジュールとは、借入時に取り決めた返済の条件を変更することで、金利を引き下げる、返済期限を延ばして1回あたりの返済額を減らす、一定期間にわたって返済を猶予するなどの対応を借入先に求める事です。

リスケジュールでは、融資の申込時と同じように、リスケジュールの申込をして審査してもらう必要があります。これからの事業改善計画を提示し、しばらく待ってもらえたら返済ができるという事を銀行に理解してもらいます。

その際に、既に金融機関への滞納、もしくは税金や社会保険料の滞納がある場合は、かなり厳しい交渉になる事が予想されます。

それは、滞納があるとまず滞納分を全額払ってからでないと、リスケジュールの相談を受ける事さえできないと言われる可能性が高いのです。

滞納してからでは遅い

金融機関への滞納と、税金や社会保険料の滞納が始まってからは遅いというのには契約を守らなかったという事だけでない理由があります。

滞納すれば、銀行に迷惑がかかるという事は思い浮かぶと思いますが、実際に担当者も困った事になるのです。新規融資やリスケジュールの申込を受付けられないという事以上に、銀行内部でも好ましくない状況になっているのです。

銀行としては、融資先からの返済が滞った時点で、融資先の信用格付けを落とすことになります。銀行から見た債務者区分のランクが自動的に落ちると考えていただければよいでしょう。

滞納が始まってから一定期間経ち、銀行内での締め日を超えると、債務者区分が実質破綻先に切替わると考えられます。

債務者区分が落ちると、銀行としては貸倒リスクに備えて貸倒引当金を繰り入れる必要があります。貸倒引当金の繰入は損金になりませんので、それだけ銀行の利益を圧迫することになります。

担当者の銀行内部での業績評価にも影響が出ないとも限りません。

このような状況になってからリスケジュールさせてくださいと申し出れば、銀行としては対応が難しいという事はわかると思います。

銀行からの連絡には応じる事

さらに、銀行から債務者に連絡しても電話もつながらないというような事になれば、強制執行の手続に入らなければなりません。

銀行からの連絡には必ず出て、自分の状況を真摯に伝えるようにしましょう。

支払いが滞る前に相談

リスケジュールの申込をしてからの審査にも時間が掛かります。最低でも3ヵ月はかかると思っていた方がよいでしょう。

普段から資金繰り表でお金の出入りを管理して、支払いが厳しくなりそうな事を早めに察知できるようにしてください。

最低でも6ヵ月先の資金繰り計画を毎月アップデートして、支払いができなくなる6ヵ月前には、金融機関に相談できるくらいの余裕があれば安心です。

新型コロナウイルスの影響で、財務省からも各金融機関に要請が出ています

引き続き、中小企業・小規模事業者等の資金繰りに支障が生じないよう、手続きの簡素化を含めた顧客の利便性向上に取り組むこと。また、新規融資・資本性劣後ローンの積極的な実施・活用について最大限の配慮を行うとともに、返済期間・据置期間が到来する貸出を含めた既往債務の条件変更について、返済期間・据置期間の延長等の措置など、中小企業・小規模事業者等の実情に応じた最大限柔軟な対応を行うこと。

新型コロナウイルス感染症の影響拡大を踏まえた資金繰り支援等について(令和3年1月19日)

新型コロナの影響を受けている事業者に対しては政府の後押しもありますので、資金繰りに不安があれば早めに相談することをおすすめします。


みんなの資金繰りでは、財務コンサルタントによる資金繰りに関する相談に応じています。借入金の返済が苦しい、銀行にリスケジュールの相談に行きたいが、どのようにすればよいかわからない。など、お困りのことがございましたら、みんなの資金繰り事務局にお問い合わせください。メールでの対応以外にも、財務コンサルタントのご紹介も致します。

お問い合わせはこちらから

関連記事