扶養範囲内で働く際の年収|社会保険

今回は社会保険面での扶養についてお伝えします。

・扶養に入る=扶養される側の社会保険料負担が0になってお得

・所得要件は、給与収入で年間130万円未満

この130万円を節税の150万円と、何故同じ金額に設定しなかったのか疑問になりますが、配偶者が年収130万円未満の場合は扶養に入れます。

・扶養に入る人が自営業の場合は「売上-売上原価」等で判断

※自治体により異なりますのでお気をつけください。

・以下全て満たす場合は年収106万円未満で扶養から除外されます。

・正社員が501人以上の会社に勤務

・収入が月88000円以上

・雇用期間が1年以上

・所定労働時間が週20時間以上

・学生ではない

以上が社会保険面での扶養に関する項目です。

扶養に関してはとてもややこしい部分があります。

節税を重視する方はきちんと理解をしておかないといけませんし、別に社会保険に入っても構わないと言う方は150万円と言わず200万円でも300万円でも稼いでいかないと社会保険料とのバランスが良くならず家計が潤わないのでご注意ください。

考え方は人それぞれですので家庭の中で1番良い方法を考えて実行してみてはいかがでしょうか。

是非参考にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「みんなの資金繰り」は専門家の資金繰りノウハウや経営者の皆様の体験談を共有するメディアです。 資金調達・事業再生など様々な情報を日々更新しています。

また、みんなの資金繰りでは、財務コンサルタントによる資金繰りに関する相談に応じています。借入金の返済が苦しい、銀行にリスケジュールの相談に行きたいが、どのようにすればよいかわからない。など、お困りのことがございましたら、みんなの資金繰り事務局にお問い合わせください。メールでの対応以外にも、財務コンサルタントのご紹介も致します。

お問い合わせはこちらから

関連記事