事例

あと3ヶ月で資金ショートの状態から立て直し

業種 人材派遣業・不動産業
年商 約5億円
エリア 埼玉県川越市
調達額 5億円
 

 

内容(悩み・状況・要望・使途)

軽作業を中心とする人材派遣の会社で、売上5億円に対し借入総額5億円、毎月の金融機関返済が1000万の状況で、あと3ヶ月で資金ショートするという時点での相談をいただきました。売り上げは安定しているのですが、人材派遣であるための消費税の負担、人件費の先出の為、資金繰りが厳しい状態で社長も精神的にかなり追い込まれている状況でした。自宅や本社事務所、投資用マンションを多数保有されているので、その点もかなり気にされていました。 要望としましては、そういった資金繰り相談、事業再生、不動産の保全を含め、幅広い内容での問題解消でした。
 

 

結果

まずは銀行の元金返済をストップし、利払いのみとした状況で第二会社を設立し、そちらへの事業の譲渡を行う方向で進めていきました。その間に不動産を奥様を代表とする法人へ任意売却し、すべての不動産を移転しました。不動産移転のための資金調達もこちらで全てフォローしました。
その結果、足かけ5年の事業再生となりましたが、すべての事業の移転を完了し、不動産に関しても自宅、本社事務所、マンション2棟、ワンルームマンション10部屋をすべてオフバランス(総資産で3億円程度)し、現在家賃収入年間2500万円にて完全に復活の状況となっております。