事例

都内のフレンチ店で満額500万円の融資実行!

事業・業種 飲食業
年商 4000万円
調達額 500万円
当時の状況 都内でフレンチの小さなお店を出したいという希望があり、金融機関を紹介してほしいとのことでした。出店資金は保証金300万円、内装費300万円、そのほか100万円の合計700万円で自己資金は200万円あるとのことでした。都内の有名なフレンチで腕を磨き営業力のあるホールスタッフを引き抜いての小さなフレンチ店の出店希望でした。事業計画の作成の仕方も何もかもがわからないところからのスタートでした。
成果 この出店のための個人事業の届け出から懇意にしていただいている金融機関への打診、制度融資の為の商工会議所での事業計画の作成、認定から融資実行まで1ヶ月半ほどかかりましたが、満額の500万円が実行され問題は解消しました。創業資金の制度融資の為、金利も非常に低く、保証料もほぼ0円にて期間も長く有効な資金調達のお手伝いができたということでお喜びいただきました。