事例

資産を残した上で奥様の会社で事業を継続

事業・業種 製造業
年商 10億円
借入額 8億円
元金返済 毎月800万円
 

 

取組内容

すべての資産を残した上で事業を縮小し、妻の会社で事業を継続したいというご希望がありました。
1.まずは資金繰りを安定させるため、全ての銀行に対して交渉を行い元金据え置きのリスケジュールを行い毎月の元金返済800万円をストップし利払いのみとし、資金繰りの問題を解決。
2.リスケジュールを行っている間に合法的に妻の会社へ事業、会社資産の全てを譲渡しました。
3.不動産に関してはファイナンス会社と協力し、奥様の会社にファイナンスを行いそちらに全て任意売却(不動産が多数あるためファイナンス金額は総額で4億円、交渉から決済までの期間は3年間)で徐々にオフバランスを進めました。当然のことながら全ての物件がオーバーローンであるため金融機関と交渉し全て時価売買にて経済的利益は5億円となりました。
4.全ての資産が譲渡された状態で本体の会社を休眠状態としました。
成果 以上の手続きを全て弊社の顧問弁護士と相談しつつ合法的に事業再生を行い、現在は新会社において事業を拡大中であり、現在は海外にも展開中。