事例

毎月150万の返済を元金据置に成功

年商 3億円
業種 IT関連企業
借入額 9000万円
元金返済 毎月150万円
取引銀行 4行
 

結果

上記の金融機関4行に事業計画書を持参したうえで元金据え置きを2年にわたり行う。これによりキャッシュフローを改善する中で戦略的な決算を行い徐々に返済額を増額。その実績と債務償還年数とのバランスを鑑みてメインバンクからすべての借り入れを肩代わり且つ余剰資金分も融資したいとの申し出があったため快諾。現在では金融機関から見ての正常取引先となり、優良な決算書をもって資金調達も新たにできる体制となって長期的な資金繰りも安定化している。もちろん売上、収益性も増加しており自力で資金繰りができる体制となっている。