マイホームと賃貸はどちらが良いか|一般の方のメリット・デメリット

個人事業主、フリーランス、法人の方で節税の為にマイホームが良いのか賃貸が良いのか迷われている方もいらっしゃると思います。

今回はマイホームと賃貸どちらが良いのか税金メリットを含め解説していきます。

少し長い内容になりますので、一般の方の場合と個人事業主の場合、そして法人の場合と分けてご説明させて頂こうと思います。

まず、一般の方の場合からご説明します。

一般の方の場合

マイホーム

メリット

①賃貸より立派

②住宅ローン控除

③担保価値がある

④売却して換金が可能

デメリット

①固定資産税の負担

②修繕費の負担

③ローン返済リスク

④資産価値下落リスク

賃貸

メリット

①自由に引越し

②物件維持費負担がほぼなし

デメリット

①設備貧相

②家賃変動リスク

③強制退去リスク

④所有権がない

一般の場合のマイホームの主な項目をまとめると以下のようになります。

住宅ローン控除

・基本的には10年間借入残高の1%程度控除する事ができます。

所得税から直接控除する事ができるので減税効果が大きいです。

基本的には銀行融資を受けて不動産の取得をされる方が多いとは思いますが、節税の効果は大きいです。

担保価値

・資産としての価値があります。

ローン返済が終わってしまえば場合によってはそれなりの価値で売却できる可能性があります。

売却して換金が可能

・賃貸と違って最後に引越しをする時に売却して換金する事ができます。

資産価値下落リスク

・物は購入して手にしたその日から中古となり一気に資産価値が下がります。

今後も不動産は少子化や働き方改革に伴い価値が下がる可能性があります。(もちろん上がる可能性もあります)

場合によってはローン返済後、売却価値が無く負債になる可能性もあります。

※分譲マンションの場合(持ち家)修繕費もそうですが管理費も発生してきますので、そちらの確認も必要になってきます。

以上が一般でのマイホームと賃貸のメリット、デメリットの解説でした。

次回は個人事業の場合のマイホームと賃貸に関して解説していこうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「みんなの資金繰り」は専門家の資金繰りノウハウや経営者の皆様の体験談を共有するメディアです。 資金調達・事業再生など様々な情報を日々更新しています。

また、みんなの資金繰りでは、財務コンサルタントによる資金繰りに関する相談に応じています。借入金の返済が苦しい、銀行にリスケジュールの相談に行きたいが、どのようにすればよいかわからない。など、お困りのことがございましたら、みんなの資金繰り事務局にお問い合わせください。メールでの対応以外にも、財務コンサルタントのご紹介も致します。

お問い合わせはこちらから

関連記事