税理士への報酬はどうやって決めるのか?|税理士の選び方

毎年の確定申告や毎月の帳簿作成など個人も法人も普段の仕事以外でやることはたくさんあります。

経営に集中する為に税理士と契約した方が良いのかなど経営者にとっての悩みは尽きないものです。

今回は費用対効果等を考えて税理士に税務上の処理を依頼する時の留意点などをお伝え致します。

税理士の報酬規程

税理士に顧問契約や申告業務をお願いすると発生する税理士報酬って高額なイメージがあると思います。

平成14年に税理士の報酬規定の撤廃があり報酬の自由化がなされました。

現在は沢山の税理士事務所が存在しますので、金額もピンキリです。

少しでも安く費用対効果の良い税理士事務所かどうか判断するための契約の種類と共にポイントをご説明していきます。

①顧問契約の場合

・顧問料(毎月)

・記帳代行(毎月)

・決算料、年末調整料金(いずれも年に一度)

※一般的には顧問料の数ヶ月分で計算します。

・その他(都度)

税務調査の立ち会い(その日の1日分)

税務調査の結果修正申告をしなくてはならなくなった場合、1年分の申告書類等を見直すのでその分料金が掛かります。

②年に一度の決算料のみの場合

・確定申告時の料金

確定申告する際の経費の計算や集計など全てを丸投げしたらその分料金は高くなると思われます。

ある程度まとめて申告書類の入力のみにしておくなどすれば低価格でお願い出来る場合もあります。

以上が税理士と契約する際の一般的な契約方法になります。

基本的に①の方が料金は高くなる傾向にありますが、毎月の経営状況を確認出来るので分析などを行う際にも便利です。

次に顧問料にするか年に一度の依頼にするのか、税理士事務所がどのようなところを見て料金を決定しているのかその要素を見ていきましょう。

①顧問契約か、年に一度の決算、確定申告書類の作成のみの契約のどちらかです。

②売上の規模

・会計の仕分け数にも関わってきます。

自動化ソフトである程度までは負担を軽減できますが手打ち入力しなければいけない部分は必ず出てきます。

税理士事務所へ依頼した場合の入力と比べると自社で行った場合は、一般的に税務リスクも高くなる可能性があります。

③記帳代行の有無(丸投げする場合)

自動化ソフトを使用した企業は料金かからないです。

全て税理士事務所へお願いする場合は、金額が上がる要素になってきます。

④MTGの頻度

・一定の頻度でお会いして、分析してもらったり月次の試算表を作成してもらったりします。

事業者と会う頻度が毎月ならばその時までに必ず月次の試算表を完成させないといけない。

そうなると税理士事務所としてもその分料金は多くなります。

⑤訪問型か来社型

・一般的には顧問税理士に会社に来社してもらい月次試算表を作成します。

税理士事務所で一番掛かるのが人件費です。

例えば4ヶ月に一度来社するなどであれば毎月よりも料金は安くなります。

⑥業種

・卸売等はスムーズに会計入力もできますが、製造事業は製造原価と言って一般の経費と製造に関する物を分けなければなりません。

その分料金は高くなりますので業種によっても税理士の顧問料は変わってきます。

⑦総資産の規模

・会社の資産の規模で考えます。

以上が税理士と契約をして料金がかかってくる要素です。

もちろん、税理士事務所によって千差万別で①~⑦以外にも料金を決定する際に着目する箇所はあると思います。

つまり、いくつかの税理士事務所を回ればその税理士事務所の判断によってはお得に契約ができるところも出てくる可能性がありますので、検討されると良いと思います。

では一般的に税理士と契約した場合に月額いくらぐらいが相場なのかと言いますとおおよそですが、月額顧問料としては3万円程度です。

確定申告の決算料は15万円位が平均だと思います。

もちろん、これは事務所によって違いますのでこれというように料金は定まっているわけではありません。

また、全国で7万5千人も税理士がいます。

その分事務所も多いです。

どの税理士と契約するかは吟味、厳選するのをオススメします。 最後までお読みいただきありがとうございました。

「みんなの資金繰り」は専門家の資金繰りノウハウや経営者の皆様の体験談を共有するメディアです。 資金調達・事業再生など様々な情報を日々更新しています。

また、みんなの資金繰りでは、財務コンサルタントによる資金繰りに関する相談に応じています。借入金の返済が苦しい、銀行にリスケジュールの相談に行きたいが、どのようにすればよいかわからない。など、お困りのことがございましたら、みんなの資金繰り事務局にお問い合わせください。メールでの対応以外にも、財務コンサルタントのご紹介も致します。

お問い合わせはこちらから

関連記事