マイナポイント期間延長|マイナポイント申込方法と決済サービス例

こんにちは、みんなの資金繰りです。

2020年7月よりスタートし、総務省が進めているマイナポイント。

消費の活性化、マイナンバーカードの普及促進、官民キャッシュレス決済基盤の構築などを目的として予約・申込が始まっていますが、いまいちどのような制度なのか理解できていないという事業者様も多いのではないでしょうか。

キャッシュレス化を促進するため国の推し進める事業になりますので、仕組みを理解して是非皆様の営業活動にも役立てて頂ければと思います。

マイナポイント事業URL

マイナポイントはマイナンバーカードを取得して、キャッシュレス決済サービスを選択し紐づけを行うことによって、選択したキャッシュレス決済サービスで、チャージもしくは支払いをすると、25%のポイント還元を受けることができます(上限5,000円分)。

マイナポイントの期間が延長されています

   

お知らせ

マイナポイントの期間を半年間延長しました。2021年3月末までにマイナンバーカードを申請した方はマイナポイントの対象となります。カード受取後、マイナポイントを申込み、2021年9月末までに行ったチャージまたはお買い物をすることで上限5,000円分のポイントを受け取ることができます。 マイナンバーカードの申請方法はこちら、マイナポイントの申込方法はこちらをご確認ください。

※すでにマイナンバーカードを取得されている方も期間延長の対象となります。

(マイナポイントウェブサイトより引用)

【マイナポイントの申込方法】

  1. まずマイナンバーカードをお持ちでない方はマイナンバーカードを取得します。

    ▼マイナンバーカード取得方法

  2. マイナポイントの予約・申込を行います。

    スマートフォンのアプリかインターネットから行うことが出来ます。この予約という手続きでマイキーIDという認証IDの設定を行います。

    申込手続きで決済事業者選択、決済サービスの選択等を行います。(1事業者しか選べませんのでご注意ください)

    ※アプリを使用しない場合、マイナンバーカードを読み取る機器(ICカードリーダライタ)が必要となります、ご注意ください。

    マイナポイント予約・申込URL

  3. マイナポイントを申込み、2021年9月末までに行ったチャージまたはお買い物をすることで上限5,000円分のマイナポイントを受け取ることができます。

    つまり、登録したキャッシュレス決済を使用して決済を行った場合の金額の25%がマイナポイントとして、スイカなど登録した決済サービスの残高として還元されます。

【決済サービス例】

  • 全国各種電子マネー
  • プリペイドカード
  • ORコード決済
  • クレジットカード
  • デビットカード

決済サービス一覧URL


マイナポイントの申込でキャッシュレス決済を利用する方が増えれば、事業者の皆様も決済方法の拡充などに敏感にならざるを得ないと思います。

売上高を維持するために決済端末の導入、従業員教育強化の為に資金繰りを悪化させないよう補助金、助成金の検討も考えてみてはいかがでしょうか。

みんなの資金繰りでは、財務コンサルタントによる資金繰りに関する相談に応じています。借入金の返済が苦しい、銀行にリスケジュールの相談に行きたいが、どのようにすればよいかわからない。など、お困りのことがございましたら、みんなの資金繰り事務局にお問い合わせください。メールでの対応以外にも、財務コンサルタントのご紹介も致します。

お問い合わせはこちらから

関連記事