中小企業とは?資本金や従業員数の定義

こんにちは。みんなの資金繰りです。

今日はそのものズバリ中小企業とは何か?ついてお話をさせて頂こうと思います。

中小企業っていったい何?

中小企業とはよく聞く言葉だと思いますが、中小企業と聞くとどんなことを思い浮かべるでしょうか?

実は世の中の99.7%は中小企業だということが言われており、最新の統計では357万社も存在する言われています。テレビやラジオでコマーシャルを流しているのは大企業が多いということもあり、中小企業に対してはあまり社名や事業活動にといったものへの馴染みが薄いかもしれませんね。ただし、先述のように世の中の99.7%が中小企業ということからも、大袈裟ではなく日本経済を支えているのは中小企業だと言えます。地域を、日本をより元気にする原動力として中小企業は存在していると考えられています。

中小企業庁が定めるところの中小企業とは製造業、卸売業、サービス業、小売業によって定義が違います。

それぞれの資本金の額と従業員の数は一覧表をご覧ください。注目すべきは資本金か従業員の数のどちらかを満たしていれば中小企業であるというところです。業種によって中小企業であるかどうかが決まるということに驚かれる方も結構いらっしゃいます。

(表の右の方に小規模事業者について書いてありますが、この部分はまたの機会にお話ししたいと思います。)

中小企業の役割

まさに日本の経済を下支えする存在の中小企業は業種も様々で、色々な取り組みを展開して日本経済を支えています。中小企業白書2020年度版によると、残念ながら中小企業の全体数自体は減少傾向にありますが、働き方改革や最低賃金の引上げなどを含む労働者への新しい価値提供を行う場としても中小企業に対する役割や期待は大きなものがあります。

中小企業にとって大切なもの

中小企業の経営にとって大切なものは色々ありますが、その中でも資金繰りは本当に大切なものです。経営を左右するといっても過言ではないでしょう。このブログをお読みいただいている方の中には、もしかすると中小企業経営者の方もいらっしゃるかもしれませんね。改めてそうした方々にも喜んで頂けるようなコンテンツを、この『みんなの資金繰り』で紹介させていただければと思います。もちろんその中には中小企業だからこそ利用することが出来る補助金や助成金に関しても触れていく予定です。是非楽しみにしておいて下さいね。

最後までお読みいただき有難うございました。

関連記事