【最新!】融資時の重要点

こんにちは、みんなの資金繰りです。

新型コロナウイルスの影響で高まっていた資金需要は、政府の支援も一巡し落ち着いてきた感じもあります。GoToキャンペーンの本格化によって、消費も少しづつ回復してきているのではないでしょうか。

今回はそのような状況だからこそおさえておきたい、コロナ禍における融資の考え方をお伝えしたいと思います。

金融機関との付き合いのきっかけにする|借り入れは実績作り

新型コロナウイルスの影響により、非常に融資が受けやすい状況になっております。現在、無担保や無利子で借りられる商品も多くあります。

本来の目的とは少し違うかもしれませんが、今良い条件で借入を行い手元資金を潤沢にして安心した経営を行うのも選択肢として良いのではないでしょうか。

また、今回をきっかけとして新たな金融機関と関係を持つことによってコロナ終息後の資金繰りの相談にも役立ってきます。

コロナが終息したのちは、貸し渋りが起こることはどなたでも直感的にわかると思います。

借りれるときに借りておく、資金繰りではとても大切な考え方です。

現在とても優遇された条件で借入が出来るので、手元に余裕を持たせておくのは良いと思います。

幾ら借りるか

返済余力をざっくり見るのはフリーキャッシュフロー(税引き後利益+減価償却費)

金融機関が初見で何よりも気にするのは、この会社は借り入れ後にきちんと返済ができるのかというところです。

その際、決算書から簡単に返済余力を読み取る場合にこのフリーキャッシュフローを見ます。この金額をもとに金融機関に申し込みをしていただければ、的外れな申込金額にならないと思います。

金融機関は新規の顧客に対してはどうしても慎重になりますし、審査にも時間がかかる場合もあります。

資金が厳しくなってから金融機関を探すよりも、比較的余裕のあるうちに銀行との付き合いを作る良い機会でもあります。現在とても優遇された条件で借入が出来るので、手元に余裕を持たせておくのは良いと思います。

金融機関が見る点

融資の審査で金融機関が着目するポイントがあります。

①決算書

売上 規模感の確認
税引き後利益 返済余力の確認
貸付金(仮払金、仮受金等)不自然なお金の流れの確認
借入金 現状の借入規模の確認
固定資産 担保に出来るものがないか確認
純資産額 債務超過になっていないかの確認
流動比率 短期の資産と負債の割合、バランスの確認
固定比率 固定資産に対してどのくらい自己資金が使われているかの確認

➁経営者の評価

個人資産、生活レベル、家族構成

➂過去の違反等

税金、社会保険の滞納、粉飾決算。

公庫の申し込みを検討する

今回のコロナ関連融資では公庫がかなり融通してくれています。銀行だけでなく日本政策金融公庫など、政府系金融機関も検討するのも良いと思います。

公庫での承認率は約50%(みんなの資金繰り調べ)

資金繰り表を作成する

資金が全く必要ないのに融資の申し込みをすると、金融機関は融資をしてくれない事もあり得ます。資金の使途は明確にしておかなければなりません。

金融機関への申し込みの前に自身が現状を把握するため、そして明確に金融機関に説明するために資金繰り表の作成をお勧めします。金融機関も資金繰り表の提示を希望する場合が多いです。

みんなの資金繰りサイトから資金繰り表をダウンロード出来ますので、ぜひ一度作成してみてください。

また事務局でも作り方や融資のサポートをしておりますので、お気軽にご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事