デジタルトランスフォーメーション①

こんにちは、みんなの資金繰りです。

今日はデジタルトランスフォーメーション(以下DX)についてお話したいと思います。

様々なところで言われているDXですが、実は資金繰りとも密接な関わりがあります。

少々重たいテーマなため、2回に分けてお話をしたいと思います。

DXが世界を変える!?

まずはじめにDXの言葉の意味から説明していきたいと思います。

DXはスウェーデンにあるウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が提唱した概念であり、「ITの浸透が人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」というものです。

実はスウェーデンはIKEAなどの北欧家具などのイメージが強いかもしれませんが、IT先進国でもあります。

さてこのDXですが、もちろん皆さんの生活を豊かにするということですが、同時にビジネスの場面においても新しいビジネスモデルを構築し、勝ち残りを図ることにも寄与します。

DXを支える代表的な技術

  • AI
  • IoT
  • ロボティクス
  • 3Dプリンティング
  • クラウド
  • 量子コンピュータ
  • ブロックチェーン

などなど色々です。

一つ一つを説明するとかなりのボリュームになりますので、またの機会として今回は割愛しますが、どうでしょうか?皆さんも聞いたことのあるものが含まれるのではないでしょうか。言われてみればいつの間にか身近になっているものもあります。

デジタルディスラプターの存在

このDXをけん引する存在がデジタルディスラプターと言われています。デジタルディスラプターとは「市場を混乱させるほど画期的なビジネスを展開させている企業」のことです。例えばこんな企業がデジタルディスラプターと言われています。

  • Google
  • Apple
  • Facebook
  • Amazon
  • UBER
  • Airbnb
  • NETFLIX
  • YouTube

様々な業界で様々な変化を起こす新興企業がデジタルディスラプターとなって世界を席巻しているといっても過言ではありません。

いかがでしたでしょうか。次回は実際の資金繰りとDXの関係について触れていきたいと思います。

最後までお読み頂き有難うございました。

関連記事