確定申告4月15日まで1カ月延長|新型コロナ対応

報道にもありましたが、国税庁からの緊急のお知らせとして、令和2年度の確定申告の期限が4月15日に延長されることが発表されています。

政府は新型コロナウイルスの感染拡大が続いていることを受け、所得税などの確定申告の期間を1カ月延長し、4月15日までにする。政府は昨年も同様の措置を講じた。2年連続で全国一律の延長を認めるのは初めて。
政府は2日、緊急事態宣言の延長を決めた。これに伴い申告の準備が遅れる納税者にも配慮すべきだと判断した。
所得税や贈与税、個人事業主が支払う消費税を対象とする方向で調整している。今年は当初、所得税であれば2月16日から申告書の受け付けを始め、3月15日を期限とする予定だった。これを1カ月延長する。個人事業主の消費税の受付期間も3月31日から4月15日まで延長する。

▼日経新聞 確定申告、1カ月延長  4月15日まで

▼国税庁 申告所得税、贈与税及び個人事業主の消費税の申告・納付期限を令和3年4月15日(木)まで延長します(令和3年2月2日)

通常ですと、申告期限は所得税と贈与税が3月15日、個人事業主の消費税は3月31日です。これが4月15日までに延長されます。

また、昨年と同様に、新型コロナの影響でやむを得ない事情がある場合は、4月16日以降でも受付けるというように、柔軟な対応が行われると見られます。

法人についても新型コロナの影響を理由に申告期限の延長が可能ですので、税務署に確認ください。

コロナによる期限延長手続の具体的な方法 

▼国税庁 申告所得税・贈与税・個人事業者の消費税
▼国税庁 法人税及び地方法人税・法人の消費税・源泉所得税

関連記事