会社設立時登録免許税を半額にする方法

会社を設立する際には必ずお金がかかります。
資本金1円で起業できるから安い!と、思う方もいらっしゃると思いますが起業にかかるお金は資本金だけではありません。
会社設立時の登録免許税や専門家への支払いなどお金がかかってきます。
そこで会社設立時に出来るだけ費用を抑えるために登録免許税を半額にできる方法がありますのでご説明致します。

1、会社設立時にかかるコスト
①株式会社の場合
・定款認証
5万円
・登録免許税
15万円(最低金額の資本金の場合)
・出資
所有と経営の分離
所有は株主です。
経営は社長です。
小さい会社であれば社長が株主を兼務する事が多いです。

・意思決定
出資割合に応じた議決権
株を多く所有する人に決定権があります。

・代表者名称
代表取締役
・任期期間
最長10年
・株式の公開
可能
・社会的信用力
高い
・決算公告義務
あり

②合同会社の場合
・定款認証
不要
・登録免許税
6万円
・出資
出資者=役員
※業務執行権を持つ社員の事
・意思決定
割合関係無、一人一票
社員は業務執行権を持っているので意思決定を行える。

・代表者名称
代表社員
・役員任期
任期なし
・株式の公開
株式がない為不可
・社会的信用力
やや低い
・決算公告
なし

以上、株式会社と合同会社を比較してみました。
上記されている金額から資本金を含めた金額が起業の際にかかるコストとなります。

いかがでしたでしょうか、会社形態に関しましてもご自身のこれからの経営方針で変わってくると思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「みんなの資金繰り」は専門家の資金繰りノウハウや経営者の皆様の体験談を共有するメディアです。 資金調達・事業再生など様々な情報を日々更新しています。

また、みんなの資金繰りでは、財務コンサルタントによる資金繰りに関する相談に応じています。借入金の返済が苦しい、銀行にリスケジュールの相談に行きたいが、どのようにすればよいかわからない。など、お困りのことがございましたら、みんなの資金繰り事務局にお問い合わせください。メールでの対応以外にも、財務コンサルタントのご紹介も致します。

お問い合わせはこちらから

関連記事