助成金を活用しよう|キャリアアップ助成金

アルバイトやパート、契約社員など、いわゆる非正規雇用の従業員を正社員に転換したら助成金をもらえる事をご存じでしょうか。
それはキャリアアップ助成金という制度です。
転換後6カ月程度の時間はかかりますが、一人当たり60万円も支給されるのです。

非正規雇用の労働者の多くが正社員になりたいと思いながら、なかなか正社員になれないという実情があります。雇用する企業の方も、先行きの不安定な経済情勢を背景に、正社員の登用には踏み切れない事もあるのでしょう。また、こういった助成金の存在を知っていても、業務に忙しく、検討や資料作成にかける時間が取れなくてなかなか申請に踏み切れないという事情もあると思います。

キャリアアップ助成金の目的

キャリアアップ助成金」は、有期雇用労働者、短時間労働者、派遣労働者といった、いわゆる非正規雇用労働者の企業内でのキャリアアップを促進するため、正社員化処遇改善の取組を実施した事業主に対して助成する制度です。
労働者の意欲、能力を向上させ、事業の生産性を高め、優秀な人材を確保するために活用される事を目的としています。

キャリアアップ助成金には、正社員化コースや賃金規定等改定コースなどいくつかの助成金制度があります。この記事では、キャリアアップ助成金のうち正社員化コースについて、概要をご説明します。

対象となる労働者

助成金の対象となる労働者としての要件は細かく定められていますが、大まかには次のような労働者を転換した場合に対象となります。

  • 支給対象事業主に雇用される期間が6か月以上の非正規雇用の労働者
  • 正規雇用労働者等として雇用することを約して雇い入れられた有期雇用労働者等でないこと

対象となる事業主

  • 有期雇用労働者等を正規雇用労働者または無期雇用労働者に転換する制度を労働協約または就業規則その他これに準ずるものに規定している事業主であること
  • 転換された労働者を、転換後6か月以上の期間継続して雇用し、当該労働者に対して転換後6か月分の賃金を支給した事業主であること
  • キャリアアップ管理者を置き、キャリアアップ計画を作成し、労働局の認定を受けていること

いくら助成されるのか?

  1. 有期 → 正規:1人当たり57万円(大企業42万7,500円)
  2. 有期 → 無期:1人当たり28万5,000円(大企業21万3,750円)
  3. 無期 → 正規:1人当たり28万5,000円(大企業21万3,750円)

次のような加算の条件もあります。

  • 派遣労働者を派遣先で正規雇用労働者または多様な正社員として直接雇用した場合
  • 母子家庭の母等または父子家庭の父を転換等した場合
  • 若者雇用促進法に基づく認定事業主が35歳未満の者を転換等した場合
  • 勤務地・職務限定正社員制度を新たに規定し、有期雇用労働者等を当該雇用区分に転換または直接雇用した場合
   

問い合わせ先
都道府県労働局・ハローワーク
厚生労働省 ▼キャリアアップ助成金のご案内

政府は、事業者に補助金・助成金を給付することで、従業員や設備に対する投資を促進し、労働者の賃金を増やそうという政策をとっています。

手続きに手間はかかりますが、補助金・助成金は返済する必要のない収入となります。活用できているのとそうでない場合には大きな違いになるので、積極的な利用をお勧めします。

関連記事