キャッシュフロー計算書とは|現金の動きで企業の状態を知る

キャッシュフロー計算書(CF、cash flow statement)は、現金や現金同等物の収入と支出の状況を表し、企業の支払い能力を表す情報となり、今日では損益計算書(PL)貸借対照表(BS)に加えて3番目の財務諸表と位置付けられています。

上場企業では作成が義務付けられていますが、中小企業の財務諸表では作成義務はないため、なじみの薄い方もいらっしゃるかもしれません。

キャッシュフロー計算書の必要性

会計上の利益が出ていても、売上金の回収ができていなければ、帳簿の利益より現金が少ない事が起こります。

例えば、売上代金を顧客がクレジットカードで購入したとします。損益計算書(PL)では、売上は支払いがあったタイミングで計上されますが、代金はあとから会社に入金されることになります。この場合、しばらくは売上が立ち、利益も計上されているのに、現金・預金は増えていません。

この間に支払いが必要になり、現金が足りない状態のままだったとしたら、売上も利益もあるのに、支払いができずに倒産になってしまいます。これが黒字倒産です。

損益計算書(PL)や貸借対照表(BS)だけでは、そのような現金の流れをすべて把握する事ができません。CFにより、資金繰りを含めた経営状態を見る事ができるのです。

現金の出入りを把握するためのCFは、資金繰り表ととても似ています。資金繰り表が将来の資金繰りを見通す資料であるのに対し、CFは過去の会計期間の実績を表します。

CFを作成していない中小企業でも、資金繰り表を作っている企業は多いと思います。そのため、中小企業にとってはCFは一番身近な財務諸表と言えるでしょう。

キャッシュフロー計算書の読み方

CFでは、会計期間内で企業の活動によって得られた「収入」から外部への「支出」を差し引いて手元に残る現金を計算します。企業の活動には、大きく分けて「営業活動」「投資活動」「財務活動」の3つがあります。これら3つの観点で、営業CF・投資CF・財務CFを表し、期末のキャッシュ残高を出します。

営業CF

本業の営業活動による現金の増減を表し、企業がどれだけのキャッシュを生み出せるかを表します。

損益計算書(PL)の営業利益から税金を引いたものと考える事もできますが、売上金が計上されていても回収していないような時に、PLとズレが出てくることになります。減価償却費や引当金の計上など、実際に現金の支出が無い場合の費用がこの項目で補正されます。

3つのCFの中でも特に重要と言え、利益が出ているかどうかよりも営業CFがプラスになっているかどうかが重視される場合もあります。

投資CF

営業活動以外の資産に関するキャッシュフローです。

設備投資などで購入した減価償却資産の増減や、有価証券の取引に関してのキャッシュフローを表します。

例えば固定資産の購入のように、現金の支出があってもPLで費用計上されないような場合の補正をします。

企業の成長期には投資が先行するので、マイナスになっているケースが多くなり、将来の利益の為にお金を使っているかどうかが表れる項目であると言えます。

そのため、投資CFがマイナスで問題があるわけでなく、投資をして事業拡大を目指しているかが表れる部分となります。

財務CF

主に借入金の増減を表しています。

借り入れで資金調達を増やしている時に、財務キャッシュフローはプラスになります。返済額の方が多いとマイナスになります。

投資家からの資金調達で増資した場合にも財務CFは大きくなります。

投資CF、財務CFがともにマイナスでも、営業CFがしっかりプラスになっていれば、優良企業と言えます。

このようにキャッシュフロー計算書で企業の状態を把握する事ができます。

関連記事